お問い合わせ

小型刃物・ナイフとは

kokatana
普段見かけない小型刃物・ナイフ

包丁を代表として、刃物には色んな種類がありますよね。刃物は基本的に何かをカットするために使う道具として古くから人の役に立ってきました。
 
身近なものではあるものの、長い時間と技術の発展、新しい発想によって種類を増やしていく刃物を全て見たことがあるという方はいないでしょう。

 
一般的な三徳包丁や牛刀、果物ナイフなどであればご存知だと思います。今回は、刃物に詳しくない人は普段目にすることのない、ちょっと特殊な小型刃物・ナイフを紹介していきます。

 

目次

  1. 小型刃物・ナイフとは
  2. 小型刃物・ナイフは趣味の世界

 

小型刃物・ナイフとは

小型刃物・ナイフ菜切包丁、薄刃包丁、出刃包丁、刺身包丁とたくさんある包丁の種類とは違って、小型刃物やナイフにはきっちりとこういうものだ、という決まりごとがありません。
 
もちろん、○○ナイフというように、それぞれのナイフを見分けるための名前はあるのですが、刃渡りが何センチ以下なら小型、同じ大きさでもこの形なら包丁で、この形ならナイフ、ということは厳しく決まっていないのです。この場では、あくまで大きな分け方として小型刃物・ナイフという言葉を使います。
 
小型刃物・ナイフというのは、大きな刃物ではできない細かな作業や小さなものを切る時に使います。単純に携帯しやすいシンプルな小型ナイフもあれば、ただの刃物というより便利なツールとでも言うべきものもあります。小さいからと切れ味が鈍いなんてことはなく、使ってみると意外と便利です。
 

和風ナイフ

世の中にある刃物をあえて分けるなら、和風と洋風という形になります。小型刃物・ナイフの中で和風のものというのは、ブレード部分の作りを包丁と同じように作り、持ち手や鞘などの装飾を和風にしているものです。特に本格的なものともなると、刃は本焼き白鋼、柄は木材で漆塗りなんてものもあります。
 
黒檀や朴の木など、質感と使いやすさを兼ね備えて木材で持ち手を作ったり、漆塗りを重ねて見た目を良くしたりするので、見た目としては分かりやすいです。
 
どのくらい華美な見た目にするのかはナイフを作る人次第であり、大きなブランドから小さなカスタムナイフメーカーまで様々なところがナイフを作っています。
 
多くはシンプルなつくりなので折りたたみではないシースナイフのものが多いのですが、持ち運び時のことを考えて折りたたみ、フォールディングナイフになっているものもあります。
 
和風ナイフのフォールディングタイプとしては、肥後守という小型ナイフが有名です。カミソリのような切れ味を持ち、料理ではなく鉛筆を削る用途などに使われることが多いです。
 

洋風ナイフ

洋風ナイフの種類は非常に多いです。軍用の大型ナイフから、サバイバルナイフ、手のひらに収まる程度の小型ナイフまで色々とあります。ナイフメーカーも世界各地にあって、シースナイフ、フォールディグナイフどちらも選べます。
 
特徴としては、洋包丁と同じように両刃のものが多く、また西洋剣のように刃の側面のどちらにも刃がついているものもあります。イメージしにくい場合は、一時期一世を風靡したバタフライナイフを思い浮かべてみてください。もちろん、刃の片方にしか刃がついていなナイフもたくさんあります。
 
とても繊細で優美な見た目のカスタムナイフから、無骨なナイフまで色々とあるので、ナイフが好きな方にとって選びやすさは一番です。
 
また、こうした洋風ナイフはアウトドアに持って行き、キャンプ場での料理に使ったりすることもできるので、用途は限定されていません。
 

ツールナイフ

小型刃物・ナイフの中でも大抵の方は一度は見たことがあるのではないでしょうか。ツールナイフというのは、ナイフだけではなく、ドライバーやはさみなど幾つものツールが一セットになった便利道具です。
 
スウェーデンのブランドがとても有名ですが、このツールナイフも色んな国で作られています。また、オーダーを受け付けているところもあり、実用重視で完全オーダーメイドにする方から、見た目の良さ、使いやすさ、ツールの種類の違いによって色んなブランドのツールナイフを集めて使い分ける方もいます。
 
内蔵されているツールの数には幅があり、三種類程度と少ないものから、多機能モデルになると30種類以上のツールが入っているものもあるほどです。
 
一つあれば簡単なサバイバルからちょっとした日常使い、旅行など色んな場面に対応することができますし、値段も比較的安いので人気があります。
 

超小型ナイフ

小型刃物の中にも、さらに小さい刃物が存在します。それが、超小型ナイフです。持ち手がしっかりと作られており、刃渡りが極端に短い貝ナイフのようなものもあれば、ツールのナイフをますます小さくしたミニサイズのナイフもあります。
 
外出先で果物をカットしたり、封筒を開けたり、洋服のタグを切ったり、ちょっとだけ刃物が欲しい時に活躍してくれます。
 
ただ、刃渡りが非常に短いとはいえ刃物ですので、飛行機に持ち込んだり普段から使う予定もないのに持ち歩いていると、軽犯罪法に引っかかる場合もあります。小さい刃物だけに無くしやすいですし、きちんと切れるナイフですので、取り扱いには注意する必要があります。
 

ピーリングナイフ

フルーツカッティングというものが巷で人気になっています。どこにでもあるような普通の果物を、刃物を使って皮むき、カットを行い、見た目も綺麗に盛り付けるというものです。技術のある人になればりんごで鶴を作ったりととても華やかですし、作ったものはフルーツですのでそのまま食べることができ、無駄にもならないので、お祝い事の席にプロが提供する以外にも個人的な趣味としても人気です。
 
こうした細かな細工をする時に使う刃物は、幾つか種類があります。ピーリングナイフ、カッティングナイフ、カービングナイフなどと呼ばれるものです。別にどの刃物を使っても良いのですが、小さく細く切れ味の良いナイフを使った方がより繊細な細工をすることができます。また、大きすぎる包丁では小さなフルーツをカットしにくいので、小型のこうしたナイフを使います。
 
野菜の皮むきやフルーツをカットする以外にも使おうと思えば使えますが、いかんせん小さいのでステーキ肉を切り分けたり、魚を捌くのには向いていません。ただ、切れ味はとても鋭いです。
 

ソムリエナイフ

テレビドラマやちょっと高級なレストランで、店員さんがワインのコルク抜きを鮮やかに行っているところを見たことがある方は多いでしょう。ワインのボトルを覆っているカバーをナイフで切り取り、コルク抜きになっている部分を使ってテコの原理でコルクを抜くあのナイフのことを、ソムリエナイフと呼びます。
 
100円のものから1万円を越えるものまで様々ですが、やはり良いソムリエナイフは切れ味が良く、扱いやすく、そして見た目が美しいので人気があります。ソムリエナイフの刃は、普通のブレードになっているものから、ギザギザ刃になっているものもあり、各社特徴があります。
 

小型刃物・ナイフは趣味の世界

小型刃物・ナイフ小型刃物やナイフをここまで幾つか紹介してきましたが、今回紹介したものもごく一部にしか過ぎません。刃物は全世界にありますし、同じ種類の刃物でも作る国、作るメーカーによって大きな違いを持っているからです。
 
こうした小型刃物・ナイフは趣味の世界の道具です。実用性だけでなく見た目やこだわりまで自分の好きないように追及できるのが魅力です。